【必見】アルミと鉄は溶接できない?じゃあ、接着剤で!

【必見】アルミと鉄は溶接できない?じゃあ、接着剤で! お勧め道具
【必見】アルミと鉄は溶接できない?じゃあ、接着剤で!

アルミと鉄は溶接できない!

アルミと鉄の溶接。
いろいろ研究されてますが、非常に難しい。
手軽に可能になれば技術革命です。

なんでアルミと鉄の溶接が難しいの?

溶接
書いて字のごとく、溶かして接合する事。
アルミと鉄の溶接が難しいいちばんのポイントは
それぞれの融点(溶ける温度)の違いです。
アルミが約600℃、鉄が約1500℃と大きな違い。
鉄が溶けるところまで温度を上げると
アルミはもう形が無くなってます。

異種金属の溶接は難しいんです。

じゃあ、接着剤で接合しよう

サンプルケース

アルミと鉄の接着剤接合のサンプルケースです。
イマオのリトラクトクランプ
クランプ力が2400Nと強力なのが特徴。
使い方としては黄色矢印のクランプレバーを締めこむ。
赤丸の部分にクランプレバーの先端が当たる事でクランプ力を発揮。

【必見】アルミと鉄は溶接できない?じゃあ、接着剤で! リトラクトクランプ
リトラクトクランプ

弱点としては赤丸の部分、凹んでいます。
新品はフラットです。
本体がアルミ、締めこんでいくクランプレバーが鉄。
もちろん、アルミが柔らかいので本体が減っていきます。
耐久性が低い+価格が約15,000円と高価。
これを延命しようというのが今回のプロジェクト。

【必見】アルミと鉄は溶接できない?じゃあ、接着剤で! 鉄の板
鉄の板

鉄の板を接着剤で接合です。

瞬間接着剤で挑戦

最初は手元にあった瞬間接着剤でお試し。
クランプレバー締めこんでいったら簡単に剥がれました((+_+))
一瞬で撃沈です。

3M メタルグリップ

もっと強力な接着剤ないか?
調査により見つけました。
3Mのメタルグリップです。

【必見】アルミと鉄は溶接できない?じゃあ、接着剤で! メタルグリップ
メタルグリップ

2液混合して使用します。
✔同量を押し出す
✔均一に混合する
これを実現するガンとノズルも購入。

【必見】アルミと鉄は溶接できない?じゃあ、接着剤で! メタルグリップ使用準備
メタルグリップ使用準備

参考価格は

ガン\11,500
メタルグリップ(接着剤)\1,890
ミキシングノズル\190
メタルグリップ 参考価格

購入する商社さんによって値段違うと思います。
あくまで参考で。
ミキシングノズルだけは使い捨て。
メタルグリップは要冷蔵(5度以下)にて保存の必要あり。

3M メタルグリップで貼り付けてみた

ガンのグリップを握るだけ。
ミキシングノズルで混合された接着剤が出てきます。
今回はほんの少量で十分。
クランプ側に塗って鉄の板を貼り付け。
接着剤が柔らかいので傾けて置いておくと鉄の板がずれそうです。

【必見】アルミと鉄は溶接できない?じゃあ、接着剤で! 貼り付けてみた
貼り付けてみた

施工後、3分くらいで鉄の板を指で触っても動かなくなりました。
カタログによると15分で使用強度に達するとの事。
100%の実力が見たかったので1晩放置しました。

メタルグリップの接合力の結果は?

メタルグリップの接合力はいかほどか?
クランプレバーをぐいぐいと締めこみました。
鉄の板はびくともせず。
完全に接着されていました。

【必見】アルミと鉄は溶接できない?じゃあ、接着剤で! メタルグリップの接合力は?
メタルグリップの接合力は?

これで15,000円のクランプが延命できました。
鉄の板がどれくらいもつのかにもよりますが、
また改善提案で表彰してもらえそうです♪

このメタルグリップを使えば
✔異種金属
✔もともと溶接できない材質
も接合する事が可能です。

当ブログのトップページはこちらです。
ブックマークして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました