【簡単】 Excelを開いた時に表示するシートを指定する方法

【簡単】 Excelを開いた時に表示するシートを指定する方法 EXCEL
【簡単】 Excelを開いた時に表示するシートを指定する方法

Excelを開いた時に表示するシートを指定する方法

Excelを開いた時に表示するシートを指定するにはVBAを使います。

VBAって何?
わからないよ!

大丈夫です。
すべて説明します。

サンプルシート

サンプルシートはこのように作成しました。
手抜きですいません(笑)

VBAの始め方、コードの入力

シートのタブを右クリック→コードの表示
でVBAの画面が開きます。

【簡単】 Excelを開いた時に表示するシートを指定する方法 コードの表示
コードの表示
【簡単】 Excelを開いた時に表示するシートを指定する方法 VBA入力画面
VBA入力画面

次に
挿入→標準モジュール

【簡単】 Excelを開いた時に表示するシートを指定する方法 挿入→標準モジュール
挿入→標準モジュール

追加された標準モジュールに以下のコードを入力。

【簡単】 Excelを開いた時に表示するシートを指定する方法 入力内容
入力内容

入力するの面倒くさいと思うのでこちらをコピペで。

Sub auto_open()
  Worksheets(“Sheet1”).Activate
  Range(“a1 “).Select
End Sub

Sheet1のところに表示させたいシート名。
a1のところに選択させたいセルを指定するだけ。

保存の方法

保存は通常のExcelファイルとは拡張子が違います。
ファイルの種類で
Excelマクロ有効ブック(*.xlsm)
を選択してください。

【簡単】 Excelを開いた時に表示するシートを指定する方法 保存方法
保存方法

保存時にSheet3を開いた状態で保存しても
新たに開くとSheet1でa1セルが選択された状態で開きます。

【簡単】 Excelを開いた時に表示するシートを指定する方法 保存時
保存時
【簡単】 Excelを開いた時に表示するシートを指定する方法 開いたとき
開いた時

注意:最初に開いた時は「コンテンツの有効化」を要求されます。
有効化をクリックするとVBAが有効になります。

おすすめする使い方

おすすめするのは
シートの1枚目を各シートへのリンクをつけた見出しに。
リンクをクリックすると各シートへ飛ぶように。
たくさんのシートがあるファイルで有効です。

当ブログのトップページはこちらです。
ブックマークして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました