【間違いやすい】EXCELで棒グラフとヒストグラムの書き方

棒グラフとヒストグラムの違い EXCEL
棒グラフとヒストグラムの違い

会社で
「EXCELで棒グラフの書き方書き方わからないんだけど」
と言われた瞬間にピンときました。
「たぶん、ヒストグラムの事やな」
と。

それぞれのグラフの書き方を紹介するので、不要なところは読み飛ばしてくださいね。

棒グラフとヒストグラムの違い

棒グラフは数値が決まっているものをグラフ化。
ヒストグラムはたくさんのデータをもとに数値の分布具合をグラフ化。

たとえばこちらが棒グラフ。
データは適当です。

棒グラフサンプル
棒グラフサンプル

こっちがヒストグラム。
たくさんのデータからデータの分布具合を確認するものです。

ヒストグラム
ヒストグラム

ヒストグラムは「度数分布図」ともいいます。
データ数が多い時効果を発揮し、どの領域にデータが集中しているか、
どのような分布状況になっているか、
などを分析するために使います。

冒頭で先述した
「棒グラフの書き方わからないんだけど」
の人も、確認すると書きたかったのはヒストグラムでした。

見た目が似てるので「棒グラフ」でまとめられやすいですね。

棒グラフの書き方

棒グラフを書くのにサンプルデータ用意しました。

棒グラフデータサンプル
棒グラフデータサンプル

棒グラフを書くためにサンプルデータを用意しました。
適当にあかさたなで名前つけました(笑)

まずはデータをまるっと選択。

データ選択
データ選択

そのあとは挿入→集合縦棒。

棒グラフ書き方
棒グラフ書き方

もうクリックするだけ。

すぐに棒グラフ完成です。

これだけじゃちょっと寂しいので飾り付けを。

データラベル
データラベル

データラベル→外側を。

データラベル追加
データラベル追加

各項目のデータラベルが追加され、ちょっと飾った感じになりました。

ヒストグラムの書き方 Part.1

ヒストグラムの書き方 Part.1です。
私はこちらがおすすめ。
なぜなら楽ちんです。

こちらもサンプルデータ用意しました。
イメージとしては機械で作られた部品の寸法を測定してみた結果とでも考えてください。
「こんなにばらつかない!」とかの突っ込みはなしで(笑)

ヒストグラム用データ

グラフの下矢印を選択するといろんなグラフメニューがでてきます。
その中で「その他」の中の「ヒストグラム」を選択。

ヒストグラム書き方
ヒストグラム書き方

それだけでヒストグラム書けます。

ヒストグラム調整前
ヒストグラム調整前

ここからパラメータを調整します。

ヒストグラム調整後
ヒストグラム調整後

系列で調整します。
赤丸(ピンのアンダーフロー)、緑丸(ピンのオーバーフロー)のところで上限、下限を設定。
そのほかにピンの数は縦棒の数を設定できます。
データ数やばらつきによって調整して下さい。

これでデータの分布がわかりますね♪

ヒストグラムの書き方 Part.2

ヒストグラムの書き方 Part.2では関数を使用します。
FREQUENCY関数といいます。

ヒストグラムの書き方 サンプルデータ
ヒストグラムの書き方 サンプルデータ

データはPart.1と同じです。
今回は「測定結果範囲」と「データ個数」を追加。
Part.2のいいところは「測定結果範囲」でデータの集合範囲を自在に調整できるところです。

「=FREQUENCY」と入力するとセル選択になりますので下記のように選択。
B2:B17まで選択したあとは「,(コンマ)」を入力すると次のセル選択に進めます。
最後の「)」は入力しなくってもエラーにはならず認識してくれます。

FREQUENCY関数入力
FREQUENCY関数入力

上図のように関数入力したら、ENTERキーを。
各範囲に入っているデータ個数が表示されます。
黄塗りのところは私が書いたコメントです。
データ個数は黄塗りのように自動集計されました。

各範囲に入ってるデータ個数が表示される
各範囲に入ってるデータ個数が表示される

測定範囲、データ個数のところをぐるっと選択。
挿入→おすすめグラフを選択すると一番上に望みのグラフが表示されます。
「+グラフの挿入」をクリック。

グラフの書き方
グラフの書き方

するとヒストグラムが表示されます。

ヒストグラム結果
ヒストグラム結果

Part.1、Part.2で好みにあったやり方でヒストグラム作成してください。

エクセル・ワード・パワーポイントのオンライン学習講座

当ブログのトップページはこちらです。
ブックマークして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました