【それ自分で出来るよ】自転車のチェーンのたるみ調整、チェーンがすぐ外れるってさ。

自転車のチェーンのたるみ調整 自転車
自転車のチェーンのたるみ調整

息子の自転車のチェーンすぐが外れるって言うので自転車のチェーンのたるみ調整をしました。
自転車屋さんに持って行かなくっても簡単にできますよ!

自転車のチェーンの現状調査

「自転車のチェーンがすぐ外れるならチェーンのたるみの問題だろう」と見当をつけて現状確認。

すぐ外れる自転車のチェーンの現状確認

ペダルを回してやると自転車のチェーンが波打って動いています。
チェーン自体が部分的に伸びてしまっている状態。
しかもチェーンが超さびさび。

前後のギアの中間、下側を上下に動かしてやると2センチ以上の幅で動きます。
チェーンがだいぶ伸びてしまっている証拠です。

こうなってしまうと漕ぎはじめでぐっと力がかかった瞬間にチェーンが外れやすくなります。

逆にチェーンが張りすぎた状態で走行するとギアやチェーンに負担がかかってしまいます。
チェーンが伸びやすくなり、ギアも摩耗してしまう。
ギアが摩耗すると修理代が高くついてしまうので張りすぎにも注意が必要です。

自転車のチェーンの「たるみ」調整

自転車のチェーンの「たるみ」調整の仕方を紹介します。
チェーンの「たるみ」とは前のギアと後ろのギアの間に張られたチェーンがどのくらいピンピンかです。

通常はチェーン下側の前後のギアの中間地点真ん中で上下にチェーンを動かします。
その幅が1センチくらいになるように調整。

まず使う工具はモンキーレンチ。
こんなのがモンキーレンチ。
くるくる回すところがついています。
ここを回すとボルト、ナットを挟む部分の幅が拡がったり狭くなったり。
したのリンクから買わなくっても近くのホームセンター行けば売ってます。
Amazon Prime入ってる人だったらAmazonで買った方が安いかな?
(送料かからないしね)
サイズがいろいろあるけどチェーン調整に使うくらいだったら250mmがベストです。

作業自体は簡単なのでご紹介。

自転車チェーンのたるみ調整1
自転車チェーンのたるみ調整1

赤丸のナットを用意したモンキーレンチでゆるめます。
反時計回りに回すとゆるみます。
私は親父から「ゆるめる時は”の”の字の反対や」と教わりました。
小学生の頃に教えてもらったのですが50になった今も
「”の”の字の反対」
と思いながらボルト、ナットをゆるめます(笑)
完全に取ってしまわなくっても、ゆるめるだけでいいですよ。
手でナットが動くくらいで十分です。
左右に同じナットがついているので両側。

自転車のチェーンのたるみ調整2
自転車のチェーンのたるみ調整2

ゆるめ終わったら、このナットでチェーンのたるみを調整します。
通常10mmのナットが使われています。

せっかくなんで安物でいいのでスパナセットを買っておくと便利です。
これもホームセンターで買えます。
送料を考えないでいい人はAmazonが安いですね。
いまこれ書いてる時点で下のリンクのセット、500円だし。
ホームセンターだと1本でそれくらいします。

締め込めばチェーンのたるみは少なくなっていきます。
今度は”の”の字の向き。
時計回りに回すとチェーンのたるみが少なくなります。
これも左右あるので左右同じ分だけ締め込んで下さい。

自転車のチェーンのたるみ調整3
自転車のチェーンのたるみ調整3

ボルトの長さを左右で同じくらいに調整です。
私は測って確認してますが、目分量でも十分です。
これが左右で大幅に違っていると後ろのタイヤが進行方向に対して角度がついてしまう。
まぁ、だいたい合ってれば違和感なく乗れます。

先に述べたとおり、チェーンを上下に動かして1センチ以下のたるみになるまで締めて下さい。
チェーンの伸び具合が場所によって違うのでペダル回して何か所かで確認しましょう。

もし締めすぎちゃったなぁという時はゆるめた後、後輪を前方向に強めに叩いてやれば大丈夫。

自転車のチェーンのたるみ調整4
自転車のチェーンのたるみ調整4

最後は最初にゆるめたナットを締め付けて下さい。
両側ですよ。
忘れないように。

ちなみにここまでの作業を自転車屋さんにお願いすると500円くらいの工賃のお支払いです。

工具を買うほうが高いと考えるか、
1回工具買ったら毎回工賃払わなくってすむと考えるか。
そこはお任せします。

せっかくなんでチェーンのメンテナンスを

応急処置(!)の方法です。
サビがひどい場合は真鍮性のブラシでこすってやりましょう。
これもホームセンターで売ってますよ。

ここまでやったらせっかくなんでチェーンにオイルを注油を。
こちら、有名メーカーワコーズさん。
これもホームセンターで
「自転車のチェーンに油さしたいんだけど」
と店員さんに言ったら適当なのを勧めてくれます。
よく家庭で置かれている潤滑剤CRC556は揮発性が高くお勧めできません。

自転車屋さんで働かれていた方からアドバイス頂きました。
「基本的にチェーンは錆びたら交換して下さい。
 定期的に灯油などで洗浄、ミシン油などを注油してあげることで寿命を延ばせます。」
との事です。
劣化したチェーンは突然切れる事もあるそうですので注意が必要。

必要になったらチェーン交換しましょう。
これは自転車屋さんにお願いしたほうが楽です。
工賃はチェーン代込みで2500円くらい。

以上、自転車のチェーンのたるみ調整の仕方を紹介しました。

自転車通販サイト【cyma】

当ブログのトップページはこちらです。
ブックマークして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました