【体験記】第2種電気工事士 筆記試験 試験会場の流れと雰囲気を紹介。

試験会場 第2種電気工事士筆記試験
試験会場

第2種電気工事士 筆記試験を受験してきました。
試験会場での流れと雰囲気を紹介します。

アドレナリンが分泌されまくったのか目覚ましアラームをセットした1時間前に目覚めました。
予定していた電車の時間まで時間があるので、パソコンで過去問題をやっておさらい。
こちらのサイトです。

試験会場への持ち物

第2種電気工事士 筆記試験での持ち物リストはこちら

・受験票
・えんぴつ、シャープペンシル(濃さはHBが推奨)
・えんぴつ削り
・プラスチック消しゴム
・マスク(予備も用意しましょう)
・時計(電卓機能、通信機能を持たない事。アラームが鳴らない事)
 ※時間はきっちり合わせておくこと
・複線図書く用のボールペン、色鉛筆など(必要なら)
・定規(必要なら)
・眼鏡/ルーペ(必要なら)

特に受験票だけは絶対に忘れないように。

いざ、筆記試験 試験会場へ

私の住む滋賀県での第2種電気工事士筆記試験の試験会場は大津市にあるピアザ淡海

ピアザ淡海
ピアザ淡海

時間的に余裕があったのでお散歩がてらにJR大津駅から試験会場までは徒歩で向かいました。
ポケモンGOしながらゆっくり歩きましたが20分くらい。
琵琶湖沿いは景色も良くてサイクリングやジョギングを楽しむ方がたくさん。
ポケストップもいっぱいありました(^^♪
道も簡単なので迷うことなく試験会場に到着。

公共交通機関を使用される方が基本のはずです。
とはいえ、電車やバスなども事故など起これば遅れるのが当たり前。
試験開始時間は待ってくれませんから時間には十分余裕をもって試験会場に向かってください。

筆記試験 試験会場到着

私の試験は午前の部、10時からの開始です。
到着したのが9時前だったので試験会場にはまだ入れず、ホールで待機して下さいとの事。
待機指示といっしょに検温されます。

座るところもたくさんあったのでのんびりと最後の詰め込み作業。
ここにきて「合格したい!」の思いが強くなります。
もう少し早くからこのスイッチが入ってたらもっと楽だったろうに(笑)

9時を過ぎて受験番号の早い人から順次試験会場に案内され始めました。
私も試験会場に向かいます。
2階の試験会場に上がる前に手の消毒をお願いされました。
コロナ、早く収まっていつもの日常に戻ってほしい。
試験会場も受験番号によっていくつかに分かれていました。
試験会場内も各人の距離が広めにとられている印象。
感染対策とカンニング対策の両立でしょうね。
となりとはかなりの距離があります。

9時45分から説明が始まるそうで、それまで更に詰め込み作業継続です。
工業高校生とか大学生が多いのかと思ってました。
周りを見渡すと社会人の方の方が多い印象。
女性の方も1割程度見られました。
試験前の時間の使い方も人それぞれ。
私のように参考書を見る人が多いです。
スマホを一生懸命見てる人も。
過去問やってるのかな?

9時45分から説明が始まりました。
「飲み物なども机にはおかないで下さい」との事でお片付け。
更に巡回していた方から机の上の筆箱や眼鏡ケースもダメと指導されこちらもお片付け。
机の上には受験票、シャーペン、消しゴム、ボールペン(複線図書く用)など。
先ほど持ち物で上げたものしか置けません。
カンニングはできないと思ってください。
そんなつもりで行く人はいないと思うけど(笑)

問題用紙、解答用紙が配布されて解答用紙に受験番号など記入。
もちろん中を見ることは厳禁です。

10時になり試験開始。
ここからはもう勉強の成果を出すのみです。
11時前になんとか全問解き終わり、最初から見直し作業を実施。
11時になると退出可能時間となります。
退出したい人は係員さんの指示で列ごとに順次試験会場から退出していきます。
結構な人数が退出していき、「みんな早いなぁ」と思いながら見直し作業を続行。
一通り確認し終え、問題用紙にも記載した回答とマークシートとのミスもなし。
時間にして11時15分頃で、手を上げて試験会場退出の意思表示。

ちなみに試験時間は2時間で12時まで。
係員さんが来てくれてからお片付け。
せっかちに先に片付けして不正行為に思われたら損しかないですよ。
問題用紙はお持ち帰りできます。
マークシートを前方中央におられる監督者さんに提出。
引き換えで退出届を渡されます。
試験会場出口にいる係員さんに退出届を渡して試験会場を後にしました。

第2種電気工事士の筆記試験、試験会場の雰囲気わかってもらえたかな?

筆記試験の解答は10月25日に公表との事でしたがこちらで確認できました。
採点してみると82点。
これならポカミスあっても間違いないかな?
次の実技試験に向けて勉強開始しなきゃって事で早速これをポチりました。

送料無料で家まで届けてくれるって便利な時代になったもんだ(^^♪

当ブログのトップページはこちらです。
ブックマークして頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました